足 指 打撲 内出血

打撲は指や足に起こることがあり内出血を起こすこともある

スポンサーリンク

今回は打撲は指や足に起こることがあり内出血を起こすこともあるということについて話していこうと思います。

打撲とは身体を強く打ちつけたことにより起こる怪我による負傷の一種です。
この現象は身体のどの部分でも発生し、主に腕や足に多く起こりますが状況によっては頭や指にも起こることがあります。
その原因は一般的には転倒やスポーツ時の負傷などが多く、日常的な例では家具などに指や足をぶつけたなどがあります。
打撲による症状は軽症の場合、負傷場所に一時的な痛みや赤みが生じますが放置しても数分で治まります。
しかし強い衝撃を受けた場合、患部が腫れて炎症を起こすこともあり、中には内出血を引き起こす場合もあります。
衝撃に異変を感じたり負傷した場所に違和感を持ったらすぐに氷水や濡れタオルで冷やす処置を行うようにしてください。
また、しばらく負傷場所を動かさないようにしてなるべく安静にさせてください。
スポンサーリンク

打撲による負傷はすぐに患部を冷やすことによって痛みと腫れを抑えることができます。
この時、同時に内出血をしていた場合でも同様の処置を行います。
異なる点として内出血時は氷水や保冷剤を患部に当てて長時間の冷却処置を行うため、包帯やタオルを使って患部と冷却物を固定させるようにします。
この間はなるべく安静にする必要があるため、利き手の指や足を負傷した場合でも最低限の範囲で行動するようにしてください。
動かし過ぎたり患部を温めるなどの刺激を与えると治りが遅くなりますのでご注意ください。
打撲や内出血は腫れや痛みが治まると患部を冷やす必要はなくなります。
冷やし過ぎると今度は血行が悪くなり別の支障が起こるため、タイミングが分かりにくい場合は冷却と様子見を交互に行って判断してください。
以上、打撲は指や足に起こることがあり内出血を起こすこともあるについてでした。
スポンサーリンク