頭部 打撲 応急処置

頭部の打撲の応急処置

スポンサーリンク

今回は頭部の打撲の応急処置について話していこうと思います。

運動や活動をしている中で、頭を強く打ってしまうと言うことがあります。
このように頭部を打撲したときには、適切な処置をしなければいけません。
頭は外からは見えなくても、大きなダメージを受けている可能性があるからです。
頭を強くぶつけてしまっているので、脳や意識に問題が生じていないかを最初に確認するようにします。
また一緒にいる人が頭部を打撲してしまったという場合には、最初に行う応急処置として、意識があるかどうかの確認をします。
ここで意識を失っているという場合には、大きな声で声かけをするようにします。
また肩を少し強めにたたくという応急処置があります。
ここでけがをしているという場合には注意が必要になります。
スポンサーリンク

声かけを行っても意識が戻らないという場合には、すぐに救急車を呼ぶことが大切になります。
病院に着くまでの時間も大切です。
頭部を打撲した場合には、すぐに現場まで来てもらい、少しでも早く応急処置をすることで命の危険性を回避することができます。
意識がしっかりとしている場合には、他の体の部分も打撲をしていないか確認をし、頭部に関しては冷やして安静にするようにします。
しかし意識があるといっても安心してはいけません。
急変することもあるので、しばらく様子を見ておくようにします。
また骨折をしていないかも確認することが大切です。
骨折をしていると目の見え方に異常を感じることがあるので、少しでも異常を感じた場合には、検査をしてもらうようにします。
以上、頭部の打撲の応急処置についてでした。
スポンサーリンク