打撲 病院 何科

打撲は病院の何科に行けば良いの?

スポンサーリンク

今回は打撲は病院の何科に行けば良いの?というテーマで話していこうと思います。
あなたは打撲をしてしまって、病院に行かないといけないと思ってはいるが、何科に行けば良いのか分からず困っていませんか?
今回はそんな打撲は病院の何科に行けば良いの?と悩んでいるあなたのために話していきます。
怪我にはいくつか種類がありますが、打撲は発生頻度が多い怪我となっています。
打撲は発症する場所によっても、受診するべき病院や科がが変わってきます。
ですので、いちがいに打撲だから何科ということは決まっていません。
打撲の場所、症状によって、どこを受診すればいいのか決めていく必要があります。
たとえば、顔を打撲してしまい、皮膚に大きな損傷が起きてしまった場合は、形成外科を選択したほうが良いでしょう。
顔は表情を作る筋肉が多くある場所であり、なおかつ他人から一番見られる場所でもあります。
そのためケロイドなどができると、後々心理的な問題も発生してきます。
特に女性は気になるところでしょう。

スポンサーリンク

そして形成外科はこのケロイドが残らないように皮膚の損傷を治すことを得意としています。
皮膚の走行にそって縫合し、傷を目立たないようにするのです。
また、打撲は打撲でも、脳の中に血腫ができる場合があります。
たとえば転倒により頭を打ってしまい、その衝撃で脳の血管損傷が起こり、血腫が出来てしまうのです。
脳は神経細胞が集中しており、常に酸素と栄養を大量に必要としています。
その脳の神経細胞に酸素や栄養を供給しているのが血液となります。
つまり脳の中に血腫ができると、血液の流れが悪くなり、十分な栄養がいきわたらない可能性がでてきます。
その問題を解決するためにも、外科的な手術を施す必要があります。
それを行うのが脳神経外科になります。
以上のように、打撲は発症した箇所と症状によって科を決めていく必要があります。
以上、打撲は病院の何科に行けば良いの?という話でした。

スポンサーリンク