鼻 打撲 症状

鼻の打撲の症状

スポンサーリンク

今回は鼻の打撲の症状というテーマで話していこうと思います。

球技などのスポーツで鼻をぶつけてしまった場合、打撲を発症してしまう可能性があります。
打撲の症状としては、鼻に痛みが残ってしまう事が挙げられます。
また痛めた患部を触ると、強い痛みが走ることも打撲の特徴として挙げられます。
この場合、患部を安静にしている事が大切です。
そのため意識して鼻に触らない事はもちろんのこと、無意識の場合でも痛めた部分に手を当てるのはやめましょう。
痛みの症状が続く場合は、薬局に行って鼻に当てることのできる湿布を購入しましょう。
これによって痛めた患部の炎症が治まるために、痛みも改善される事が多いです。
また、日常生活の中でも例えば顔を洗う場合は、患部を優しく丁寧に顔を洗う事が大切です。
スポンサーリンク

スポーツや転倒などによって、鼻を強打してしまった場合、打撲を発症してしまう可能性があります。
この場合、症状として挙げられる事は、強打した患部に痛みが残ることです。
また痛めた患部から出血をするケースもあります。
そして出血が長く続いてしまう場合は、骨折している可能性もあるために、強打した場合は早急に病院に行くことを推奨します。
レントゲンの結果、骨折をしていないと判明をした場合は打撲としての処置となります。
この場合、病院で処方される湿布薬や痛み止めの塗り薬や飲み薬を使用することによって、痛みの症状は改善されます。
また、強打して日が浅い間は、匂いに鈍感になってしまう事もあります。
この場合は数日間、治療に専念することで改善されます。
以上、鼻の打撲の症状についてでした。
スポンサーリンク