打撲 骨折 見分け方

打撲と骨折の見分け方

スポンサーリンク

今回は打撲と骨折の見分け方について話していこうと思います。

打撲をするというのは決して珍しいことではありません。
程度にもよりますが、赤く腫れたり熱を持っているなどの炎症を起こすことが多くなっています。
内出血を引き起こすこともあるので、患部をしっかりと観察することが必要になります。
転んで膝を強く打ったという経験をしたことがある人がいますが、この時に曲げ伸ばしをしたときにいた宮違和感があるということもあります。
また腫れが見られるものの歩くことができるというような症状のこともあります。
そこで気になるのが病院を受診するかどうかです。
とくに我慢できない痛みでもなく、歩くことができる場合には病院に行かなくてもいいと考えている人が多くなっています。
しかしここでは打撲だけではなく骨折の可能性もあるのでその見分け方をしっかりと理解しておく必要があります。
スポンサーリンク

骨折と打撲の見分け方に関しては、どのようにして現在の症状を引き起こしたかにあります。
歩いていただけであったり、とくに強く打ち付けていない言うことであれば、骨折の可能性は低くなります。
しかし打撲をしたということであれば骨折の可能性も考えられます。
しかし打撲をした場合でもすぐに痛みが発生しなかったり我慢することができるという場合には骨に異常はありません。
見分け方としては打った直後から持続的に痛みがあるかどうかです。
その期間の目安としては、1週間痛みが続いて改善しないという場合には、骨が折れている可能性があります。
痛みに関する見分け方としては、骨折の場合は動かすことができずに程度も強くなっています。
以上、打撲と骨折の見分け方についてでした。
スポンサーリンク