幼児 脱臼 治し方

幼児の脱臼の治し方

スポンサーリンク

幼児期に「腕が抜けた」という話を聞いた事はありますか。
なぜ幼児は脱臼しやすいのでしょうか。
今回は幼児の脱臼とその治し方についてご説明します。
なぜ幼児は脱臼しやすいのか?
幼児の肘の関節は関節を作る橈骨(とうこつ)の端の形が不完全で橈骨を支えている靭帯から外れやすくなっています。
そのため、腕をひねったり強く抑えられると脱臼しやすいのです。
一度脱臼を起こすと癖になりやすいのですが、7歳くらいになると橈骨の端の形が安定して、大人の形に近くなるので脱臼しにくくなります。
どのような時に脱臼するのでしょうか
幼児の脱臼は大人では考えられない位簡単におこります。

スポンサーリンク

急に腕や手を引っぱられたり、転んで手を突いただけでも肘の脱臼する事もあります。
また、寝返りなどをしたときに腕がねじれて脱臼する事もあります。
脱臼したらどうなるのでしょうか
幼児は大人と違い、意思疎通が充分に出来ず、脱臼した事を周囲の大人に正確に伝えられない場合もあります。
肘を脱臼すると腕がだらっと下がった状態になり、曲げる事が出来なくなります。
無理に曲げようとすると痛みが強くなるので、幼児は泣き出したり表情を変えます。
この痛みは脱臼した肘だけに出るとは限らず、肩や手首に痛みを訴える事もあります。
その為、肩や手首に怪我をしたのではないかと勘違いされる事もあります。
幼児の脱臼の治し方
幼児の肘の脱臼は片方の手で肘を支えて脱臼した腕を強制的に曲げると整復されることがあります。
上手く整復できると痛みが消えて腕を動かせる様になります。
しかし、治し方が悪いと靭帯や周囲の組織を傷つけ、傷を悪化させる可能性もあります。
また、脱臼と思っていても実は骨折など、他の損傷がある場合もあります。
そのため、脱臼している、または脱臼しているかもしれないと思ったら、子供が腕を動かさない様にして、速やかに医療機関を受診して下さい。
何度か脱臼を繰り返す場合は、医療機関で治し方をご覧になり、治し方を覚えたつもりで実践すると大変危険です。
医療機関を受診できない特別な理由がない限り、自己判断での治療はさけて下さい。

スポンサーリンク