脱臼を早く治す方法

脱臼を早く治す方法

スポンサーリンク

怪我をすると早く治したいのはだれもが思う事です。
特に、脱臼はスポーツをする若者に多い怪我の一つなので、脱臼を葉なく治す方法があれば、早く治して競技に復帰したいと思うのではないでしょうか。
今回は脱臼とその治療方法、脱臼を早く治す方法についてご説明します。
脱臼とは
脱臼は関節に無理な力が加わることで、骨が外れた状態です。
完全に骨が外れてしまった完全脱臼と、外れかかっただけの不完全脱臼(亜脱臼)に分けられます。
脱臼する時に腱や靭帯、また周囲の組織にも負担がかかりますので、それらの組織にも傷を負います。
また、骨折を伴う事もあります。

スポンサーリンク

脱臼の治療方法
脱臼の治療は外れた骨を元の位置にもどし(脱臼整復)、その後、患部の腱や靭帯、周囲の組織の損傷が治るまで固定します。
ただの脱臼と思っていたら骨折を伴っている事もあるので、病院での治療は整復の前にレントゲンを撮る事がほとんどです。
脱臼を早く治す方法はあるのでしょうか
脱臼を早く治す方法は、一番は「悪化させない」事です。
脱臼の治療が出来るのは医師の他、柔道整復師です。
脱臼した時に中途半端な知識で自分で整復しようとしたり、友人の脱臼の治療を手伝う、また、大した事ないと思って無理に動かすと悪化し、完治するまで時間がかかってしまう事もあります。
脱臼を早く治す方法は、できるだけ早く病院に行き、適切な治療を受け患部を固定し、医師の許可が出るまで無理な動きをしない事です。
すぐに医療機関を受診できない場合は、応急処置を行います。
脱臼したときの応急処置の方法
脱臼したときの応急処置はまずは固定です。
肩関節の脱臼が疑われる場合は、反対の腕で支えて怪我をした方の腕をできるだけ動かさない様にします。
さらしなどがある場合は、体に固定させるのも一つの方法です。
専門家以外の整復は危険なので行わず、この状態で出来るだけ早く医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク