捻挫 サポーター 靴下

捻挫をした時にサポーターは靴下の下に付けるべき?

スポンサーリンク

足首を捻挫をすると一定期間足首を固定する為にサポーターを付ける必要がある事が多々あります。
では、サポーターは靴下の上から付けるべきでしょうか、それとも靴下の下に付けるべきでしょうか。
今回は足首を捻挫をした時に付けるサポーターは靴下の下がいいか、靴下の上から付けるべきかについてご説明します。
・サポーターの種類
足首を捻挫をした時にサポーターを使おうと思っても種類が多くて選ぶのに苦労することがあります。
サポーターには前開きタイプ、靴下の様に足を入れるタイプ、バンドで巻くタイプがあります。
・捻挫直後にお勧めサポーター
捻挫をした直後は足首が腫れているので前開きタイプを使うと腫れに合わせて調節できるのでお勧めです。
この前開きタイプにもいくつか種類があります。
捻挫直後に足首を固定する目的で使うので、支柱が入っていて足首を内側と外側から支える事が出来るタイプがお勧めです。
このタイプのサポーターは靴下の上から装着します。
しかし、メーカーによっては靴下の下に直接装着する場合もありますので、使用前に必ず説明書を読んでください。

スポンサーリンク

捻挫の予防を目的としたサポーターの種類
捻挫を予防する為のサポーターは捻挫直後の固定の物よりも薄手の物がほとんどです。
メーカーにもよりますが、靴下の上から着けるとずれがでてサポーター本来の機能や効果が充分に得られなくなる可能性があるので、素肌に直接装着し、その後靴下をはきます。
詳しくは使用前に説明書をよく読んでから装着して下さい。
また、スポーツによっては特化したサポーターも販売されています。
サッカー選手用の足首用サポーターは素足に直接装着し、その上から靴下をはきます。
バンドタイプのサポーター
軽度の捻挫でよく使われます。
テーピングをする時に使われるfigure8という巻き方をします。
バンドタイプを巻く場合は、靴下の上から巻くとずれるので、素足に巻いてから靴下をはきます。
靴下タイプのサポーター
これは靴下に強力なサポート力を持たせた物です。
そのため、靴下を重ねて履く必要はありません。
このタイプは使いやすいのですが、その反面、サポート力はあまり強くなく、使う人の足の大きさによってもサポート力が大きく変わるデメリットがあります。

スポンサーリンク