打撲 腫れ ひかない

打撲で腫れがひかない場合の対処法

スポンサーリンク

今回は打撲で腫れがひかない場合の対処法について話していこうと思います。

体の一部に強い衝撃をうけてしまうことでできてしまう打撲、酷い状態になると痛みや腫れなどがなかなかひかない場合があります。
子供でも大人でも出来る場合がありますが、子供の場合には、まだ足腰の筋肉などが発達しきっていないため、バランスを崩して転んで地面などに足や手などを強く打ち付けてしまったり、注意力が散漫で柱などにぶつかってしまうこともあります。
また、大人の場合でも転んだり、物にぶつかることもありますが、大人での打撲の原因で多いといわれているのが、アルコール摂取後の転倒です。
アルコールを適量以上に飲んでしまうことで、体にうまく力が入らず、普通に歩こうとしてもふらふらとしてバランスがとれません。
そのため、非常に転びやすく、また、物や柱などといったものにもぶつかりやすいといわれています。
スポンサーリンク

打撲で腫れがひかない場合の対処法としては、まず冷やすことが重要です。
水で濡らしたタオル、また氷などがある場合には、氷をダイレクトに打撲した部分にはあてず、ビニール袋などに入れてタオルや布などをそれに巻いてから少しずつ冷やすようにしましょう。
あまり冷たすぎると肌への刺激が強すぎてしまいあまりよくありません。
ある程度、痛みが治まったならば、その後は少しずつ温めるようにすることで、打撲した部分の血流を促進していくことで回復を早めてくれます。
しかし、腫れや痛みがひどく、腫れがひかないなどの場合には、自分で処置するよりも早めに病院で診察をうけるほうがいいでしょう。
いつまでも自分で対処して治りきらないより、専門家による治療をうけたほうが確実に回復を早めてくれるでしょう。
以上、打撲で腫れがひかない場合の対処法についてでした。
スポンサーリンク