捻挫 ふくらはぎ 痛み 理由

捻挫でふくらはぎに痛みがでる理由

スポンサーリンク

捻挫は靭帯に損傷を負った状態です。
靭帯は骨と骨をつなぐ長い線維の帯の様な物で、主にコラーゲンでできています。
腱と混同しがちですが、腱は筋肉と骨をつなぐ長い線維の帯の様な物で、やはり主にコラーゲンで出来ているのですが、靭帯とは全く別の物です。
つまり、足首の靭帯とふくらはぎの筋肉は直接繋がっていないうえに、少し離れた場所にあるのです。
しかし、足首を捻挫した時にふくらはぎに痛みが出ることもあります。
なぜ足首の捻挫でふくらはぎに痛みが出るのでしょうか。
今回は足首の捻挫とふくらはぎの痛みの関係についてご説明します。
ふくらはぎについて
ふくらはぎには大きな筋肉があって、両端は腱となって骨と繋がっています。
足首側の腱は多くの方がご存知の「アキレス腱」です。
この腱はかかとから足の裏側の骨にくっついています。

スポンサーリンク

足首の捻挫でふくらはぎに痛みが出る理由
足首をひねって捻挫をすると靭帯だけでなくアキレス腱にも負担がかかります。
アキレス腱はふくらはぎと繋がっているので、アキレス腱が引っぱられるとふくらはぎの筋肉にも無理な力がかかるのでダメージを受け、その結果痛みが出る事があります。
また、足首をひねった直後はふくらはぎに何の痛みもなかったのに後になって痛みが出てくることもあります。
これは、捻挫によって体のバランスが崩れて重心が後ろにかかることで体が後ろに傾き、傾いた体を支える為にふくらはぎの筋肉が疲労することが原因です。
足首の捻挫でふくらはぎに痛みが出たときの処置
捻挫をしてすぐは足首だけでなく、周囲の筋肉も安静にすることが大切です。
しかし、回復して来たらふくらはぎのマッサージやストレッチをすると効果的です。
早く回復したいから問いって、回復気になっていないのに無理に動かすと、治りかけていた捻挫が悪化することもあります。
マッサージやストレッチを開始するタイミングは担当の医師に相談してからにし、初めから無理な力をかけずに、徐々に行う様にして下さい。

スポンサーリンク