捻挫 松葉杖 期間

捻挫で松葉杖が必要な期間はどれくらい?

スポンサーリンク

足のけがで松葉杖が必要なのは骨折だけだと思っている方はいらっしゃいませんか。
足は体の体重を支える場所なので、怪我をした時に松葉杖を使わないと歩けなかったり、治るまでの期間が長くなることもあります。
足のけがは骨折だけではありません。
骨折よりも捻挫の方が頻度の高い怪我で、場合によっては捻挫でも松葉杖が必要となることもあります。
今回は捻挫と松葉杖、松葉杖が必要な期間についてご説明します。
捻挫とは
捻挫は靭帯に損傷が起こった状態です。
靭帯は骨と骨をつなぐ長い線維で、主にコラーゲンから出来ています。
膝に無理な力がかかると靭帯が伸び切ってしまったり、場合によっては部分的に切れたり、ひどい場合は完全に切れてしまうこともあります。

スポンサーリンク

・松葉杖が必要な捻挫とは
捻挫には靭帯が伸びた程度の軽度の物からから完全に切れてしまった重傷の物まで程度があります。
靭帯が伸びただけの程度の軽い捻挫でしたら、捻挫してない方の足でかばいながら歩けるので、無理して松葉杖を使う必要はありません。
靭帯が切れてしまう程の重傷の捻挫では松葉杖なしで歩くのは困難です。
無理して歩くと治癒までの期間が長くなったり、場合によっては症状が悪化、後遺症が残ることもあります。
この場合は、松葉杖は必要となります。
松葉杖を使う期間はどれくらいでしょうか
軽度の捻挫では松葉杖なしでも歩くことは可能なので、無理して使う必要はありません。
しかし、関節の負担を考えると松葉杖を使った方が負担が少なくなるので、回復までの期間は短くなることもあります。
軽度の捻挫だと思っても、医師の指示があれば松葉杖を使って下さい。
この場合、使用する期間は1週間程度であることが多いです。
重傷の捻挫で松葉杖が必要な期間は2から4週間を目安にして、治癒の状態を担当の先生と相談しながら必要なくなる時期を決めて下さい。
軽度でも重傷でも自己判断で使用を中止すると症状が悪化する可能性もありますので、医師の指示に従って下さい。

スポンサーリンク