腰椎 捻挫 リハビリ

腰椎の捻挫のリハビリについて

スポンサーリンク

捻挫というと足をひねった後に足首が痛くなるのをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
捻挫は骨と骨をつなぐ靭帯の損傷と、その周囲の組織の損傷のことです。
つまり、足首だけでなく関節がある所はすべて捻挫する可能性があります。
今回は腰椎の捻挫についてと、腰椎が捻挫した時のリハビリについてご説明します。
腰椎とは
腰椎とは脊椎の腰の部分です。
脊椎は一般には「背骨」と呼ばれ、24個の椎骨と椎骨と椎骨の間を埋める椎間板でできています。
この椎骨は上から7個までを頸椎、その後の12個が胸椎、そして最後の5個が腰椎です。

スポンサーリンク

・腰椎の捻挫とは
骨と骨は靭帯で繋がっています。
つまり、腰椎もそれぞれが靭帯で繋がっています。
交通事故や運動、重い荷物を持ち上げた時などに腰に大きな負担がかかると靭帯が伸び切ってしまったり、一部が切れたり、場合によっては完全に切れてしまうこともあります。
この状態が腰椎の捻挫です。
ぎっくり腰の一部もこの腰椎の捻挫です。
・腰椎の捻挫のリハビリ方法
一般的に、腰椎の捻挫では手術は行わず、痛みの少ない姿勢で安静にすごし、痛みが落ち着くのを待ちます。
痛みがひどい場合は神経ブロック注射等で痛みを経験させる方法もあります。
痛みがあるうちは炎症があるので、リハビリを行うと症状を悪化させる可能性があるので、リハビリは痛みが治まってから始めます。
腰椎の捻挫のリハビリには、牽引の他、微弱電流療法、超音波、マイクロ波、赤外線、ホットパックなどの方法があります。
また、日常生活でも腰痛体操を行うと、腰痛を和らげたり再発を防ぐ効果があります。
そのほか、軽いストレッチやをーキング等を行うと筋力がつき、腰椎をしっかりと支えることができるようになるだけでなく、血流が促進されるので効果的です。
しかし、始める時期や方法に着いては自己判断せず、医師やリハビリの専門のスタッフに相談してから行って下さい。

スポンサーリンク