打撲 腫れ ひかない

打撲?腫れがひかない原因

スポンサーリンク

今回は打撲?腫れがひかない原因というテーマで話していこうと思います。
あなたは打撲や打ち身をしたことがありますか?
そしてなぜか腫れがなかなかひかないと悩んだことはありませんか?
打撲は痛いだけでなく、患部が腫れていてしまい、熱をもつことがありますよね。
ではどのような原因が考えられ、どのような対処や方法をとれば早く腫れはひくのでしょうか?
みていきましょう。
まずは打撲や捻挫をしてしまった時は冷やします。
これは患部が炎症を起こしてしまっているので、まずは炎症を抑えるために、患部を冷やします。
患部を冷やすことによって、打撲の腫れがひかない原因を取り除くことができます。
そしてこの冷やすという対処は最初に行うこととしては正解です。
しかし腫れがひいたのにずっと冷やし続けてはいけません。
炎症が治まってから冷やしてもなかなか改善の方向へは進みません。

スポンサーリンク

なぜかというと、実は炎症というのは2〜4日ぐらいで治まります。
冷やすことで炎症を早く抑えることができるのでいいのですが、炎症が治まったあとは、あとは血液を流して早く患部の修復をしてもらわなければなりません。
そのために、冷やすのではなく逆に温める必要があるのです。
冷やして炎症を抑えた後、患部を温めることで、打撲で腫れがひかない原因を取り除くことになります。
そのまま冷やし続けてしまうと逆に血行不良になり、治りが遅くなってしまいます。
なので炎症が治まった後は、患部を温めることが重要です。
順番を間違えてはいけません。
温める方法として、お風呂に入る、感温湿布、カイロなどがあります。
温めて血行を良くしていきましょう。
これらの対処をしていくことによって、打撲で腫れがひかない原因を取り除くことにつながります。
繰り返しになりますが、打撲初期には温めないでくださいね。
より範囲が広がり、悪化してしまいます。
またきちんとした処置をしているにも関わらず、打撲による腫れがひかない場合もあるかもしれません。
その場合、打撲ではなく、骨折やヒビが入ってしまっている可能性がありますので、きちんとした処置をしているにも関わらず、長引いている場合は、一度病院に行き、診察をしてもらった方が良いかもしれません。
以上が打撲?腫れがひかない原因でした。

スポンサーリンク