打撲 打ち身 応急処置 対処法

打撲×打ち身.net〜サイトの概要と説明

スポンサーリンク

このサイトに訪問頂き、ありがとうございます。
このサイトでは主に 応急処置や対処法、治療について話していこうと思います
以下、サイトの概要と説明になります。
打撲や打ち身は慣れない運動やひょんな出来事によってどこかに打つかってしまった時に、その場所の血管やその周りの組織が切れてしまって内出血が生ずることが多いとされています。
発症しやすい場所は足首や腕、頭部あたりが起こるポイントになります。
また痛みが強い傾向にあるので、悩まれる方が多いのです。
強く打ってしまうと内出血を伴い、痣(あざ)にもなります。
その周辺を触るだけでもかなりの痛みを伴うことがあります。
通常は1〜2週間経てば自然に治ることが多いのです。
早く完治をさせるための方法もあります。
打撲や打ち身をしてしまった初期の段階では冷やし、中期では温めて、血行を良くして組織の回復を促したり、リンパの流れを良くすることで、自然治癒力を高めることができます。
初期の段階では特に炎症を抑える湿布が効果的です。
特に初期はあまり動かさないようにしましょう。

スポンサーリンク

中期から治るまではお風呂の際少し長めに浸かると良いでしょう。
また痛みが強かったり、腫れがなかなか引かない場合には骨折等の可能性もあるので、注意が必要です。
打撲や打ち身は慣れない運動や転倒や事故で起こることが多いです。
内出血が起こると、見た目が悪いため、特に女性の方が悩まされることが多いです。
しかし、少しでも症状を抑えるための対処法や治し方があります。
内出血がある場合は放置をすると治療が遅くなってしまうので、適切な処置をすることが大切です。
まずは冷水や氷で患部を冷やして、出血を抑えることによって回復も早まります。
また普段から軽い運動やストレッチをすることによって、打撲や打ち身になりにくい身体を作っておくことも大切です。
強く打ち重症の場合は化膿し、回復しない時もありますので、そういう時はなるべく病院の診察を受けることをオススメします。
このサイトでは以上のように、打撲や打ち身について詳しく解説していきます。
ぜひ、ご参考にして下さい。

スポンサーリンク
更新履歴